オール電化の賃貸住宅のメリットとその特徴とは

オール電化とはいったい何か

賃貸住宅を見つけるときは、不動産会社を経由することがほとんどです。不動産会社で賃貸住宅の情報を見せてもらうと、実にさまざまな物件があることに気がつくでしょう。最近は物件の空室が多いため、それぞれのオーナーが随所に工夫を凝らしています。かつては駅から近ければ満室になりましたが、最近は駅から近いという条件だけでは満室になりにくい傾向にあります。

賃貸物件での工夫の一つがオール電化です。オール電化とは、従来生活をする上で電気とガスを利用していましたが、それをすべて電気にしてしまうことです。例えばガスコンロなどは使わず、IHクッキングヒーターを利用して料理をすることになります。また、ガス給湯器なども存在せず、お風呂も電気の熱で沸かします。

そもそもオール電化のメリットとはなんでしょうか。そこに住む以上オール電化のメリットを事前に知っておくことが重要になります。

電気代を安くする方法

オール電化のメリットを一言で言えば、光熱費が安くなることです。もちろん、電気の使い方を工夫することが重要です。オール電化で料金を安くするためには、深夜時間帯のプランを選びます。なぜなら、深夜時間帯のプランは日中のプランに比べると料金が非常に安いからです。もちろん深夜時間帯のプランだとしても、昼間に電気を使うことは可能になりますが、昼間電気を使うと日中のプランよりも高くなります。

そこでできるだけ、深夜の時間帯に電気を使うように工夫をすることが大事です。それさえ守ることができれば、今まで以上に電気代を安くすることは可能です。

千歳の賃貸では、外観や内装などのデザインにこだわっている物件が多いため、デザイン性を重視している人でも納得のいく物件を選べます。